Camping @Badlands
先週末、日本人の友達4人でgirl's campしてきた。
予定としては、土曜日、Brookのちょい北にあるDinosaur Provincial Parkでキャンプをし、日曜はDrumhellerで恐竜博物館に行く計画。

カルガリーを出発し、ひたすら大平原の中を走ること2時間、突然、今までとは全く違う風景に出会う。
e0019920_1340595.jpgこれが、Badlandsといわれる風景。

e0019920_13405255.jpgHoo Dooの上に上ってみる。


が、しかし。。。




キャンプ場に行ってみると「今夜はいっぱいです。」という係のお姉さんの冷たい一言。「えー?じゃあ、この辺にキャンプ場はないの?」と聞いたら「Brooksまで戻ればいくつかあります。」との事務的なお答えに、そうですか、と引き下がったものの、いやこの近くにも必ずあるはず、と10分くらい離れた小さな町Patriciaへ戻った。
誰かに聞いてみようと、その町のさびれたHotel+Barに行き、そこにいたおばさんに事情を説明したら「そうね~、ちょっと先のコーナーストアの裏にあるけど。。。あ、そうだ!ちょっと、アンタの庭にキャンプ場あるじゃない?」と一緒に飲んでたおじさんに話を振った。おじさんも「あー、そういえば」ってな感じで、「おぅ、いいよいいよ、泊まってきな」ってことで、交渉成立。
すばらし~!こういう小さい田舎町の人達は優しいのよね~。
てなワケで、キャンプ場も無事確保し、おじさんのペットの猫ちゃんたち(総勢10匹くらいいた)と戯れ、お隣の牛さんたちののどかな鳴き声を聞きながら、日本語炸裂で楽しい一夜を過ごした。
e0019920_13475974.jpgキャンプのひとこま。

e0019920_13414535.jpg夕飯のサーモン、パスタ、サラダ。


一夜明け、ブランチを食べ、親切なおじさんと猫ちゃんたちに別れを告げ、いざ、Drumhellerへ出発。

#36-highwayを北へ、#570を西へ向かう。
大平原から坂を下っていくと、Red Deer River沿いにBadlandの風景が広がり、なんか違う世界に入り込んだよう。
アルバータ州は西(BC州との境目)にカナディアンロッキーが広がるが、州中部のこの風景はそれとは全く異なり、異次元に来たような錯覚になる。
すれ違う車もまばらで、まるで時が泊まったような小さな町々を通り過ぎ、Drumhellerに到着。
とりあえず、Information Centreに行き、博物館とHorseshoe Canyonの場所を聞き、「世界一大きな恐竜」と記念写真。e0019920_13472384.jpg


Royal Tyrrell Museumは今年増改装したばかり。家族連れにも大人気。
どこからこんなに??っていうくらい人がたくさんいた割には、日本の美術館のように並んで入るわけでもなく、混雑しているという感じではない。
恐竜たちの骨格標本や模型、実際に発掘作業をしているラボを見たり、じっくり見たら一日中いても飽きない。
いや~、20万年も前にはこんな生き物が地球にいたのね~っと考えると不思議である。
北米の地形もまだできていない頃の話である。
もちろん、人間が生まれるもっともっと昔の話である。
生物の進化って、不思議。。。
e0019920_13445559.jpg恐竜はこんなに大きかった!博物館内は写真撮影OKなのだ。


このBad LandもRockeyも氷河が作った自然の驚異。
アルバータ州は世界でも有名な化石の発掘場所なんだそうだ。
この博物館では、日本語の音声案内のラジオみたいなのを貸してくれるので、英語がわからない人でも十分楽しめるはず。
入場料は大人$10、子供$6。

夕飯後、Horseshoe Canyonへ立ち寄り、もう一度風景を眺めた。Canyonへも降りていけてハイキングができるようなので、また今度ゆっくり来てみたいと思う。

ここら辺には5年ほど前に来たっきりだったのだけど、ゆっくり見たらいろんなおもしろい場所があって、また来てみたいと思う場所である。
ロッキーだけでなく、こんな素敵な場所もアルバータにはあるんだよ~。
[PR]
by suzy322 | 2007-08-16 13:53 | Canadian Life
Are you tough e... >>